本文へスキップ

電話営業研究会はテレアポ・電話営業の研修・セミナーで、尾島が講師をしています。

TEL. 048-970-3385

〒343-0026 埼玉県越谷市北越谷2-10-1

テレアポがうまくいかない理由自分の中に


中小企業のコンサルティング

テレアポと電話営業のうまくいかない理由

電話営業は苦手という人は多いです。
断られ続けると、電話自体が怖くて、掛けられない人もいます。
また最初に掛けるときは結構重圧です。
これは長年やっていても最初の1本目は、掛けにくいです。

電話を見つめて、困っている人がいます。
理由を聞くと電話が怖いといいますね。

私も恥ずかしい話ですが、一番最初に電話営業をした時には、全く電話が出来ませんでした。
ずっと電話の前で、固まっていました。
2時間くらいプッシュホンを押せませんでした。

皆同じです。
もっとも、今はパソコンが勝手に掛けてくれる時代ですので、悩んでいる時間はないかもしれませんね。

電話が怖い
これは電話が怖いのではないのです。
受話器が噛み付いてきたら、それは本当に怖いのでしょう。
そうではありません。

相手の断りが怖いのです。
電話だと結構きつく断られる、そういう経験があったとかですね。

相手の事情がわからず掛けていることを常に頭に入れてください。
葬儀中に掛けてしまったことは私も結構あります。
風呂もあります(笑)

「頼まれて掛けているのではない」
これが大事です。

電話営業は根性で数を掛けろと言われます。

数は少ないより多いほうがよいです。
当たり前です。
根性は数字に対する責任感ということであれば、また信念ということであれば良いのです。

下手な鉄砲、数打てば当たるのではありません。
鉄砲は上手になるべきです。

言葉が喋れる以上、誰でも上手になれます。
生き方そのものが出てしまいますが、 電話営業はシンプルです。
電話のうまくいかない理由は、お客様側にあるのではなくて、自分の中にあります。

営業が得意な人でも、テレアポ・電話営業ではうまくいかない人が多いですね。
それは、視覚が使えないという点に多くの理由があります。

このあたりも簡単に是正が可能です。


うまくいかない理由は自分の中にある

テレアポ・電話営業の研修・セミナー・コンサルティングお問い合せ

■テレアポ電話営業の無料メルマガ(スキルアップにお役立てください)
お名前
E-Mail ※


バナースペース



テレアポ電話営業のスクリプト作成"
テレアポ電話営業の営業研修"
テレアポ電話営業の営業研修の資料請求"

テレアポ電話営業のFacebook"
テレアポ電話営業のTwitter"

プレスリリース

実績・お役様の声

プロフィール

電話営業研究会(テレアポ・電話営業の営業研修・株式会社笑顔ライフの・尾島)

〒343-0026
埼玉県越谷市北越谷2-10-1

TEL 048-970-3385
FAX 048-970-3386