本文へスキップ

テレアポ・電話営業のテストクロージング(研修・スクリプト,マニュアル・セミナー)

TEL. 048-970-3385

〒343-0026 埼玉県越谷市北越谷2-10-1

テレアポ・電話営業のプロ向けアドバイステストクロージング


中小企業のコンサルティング

テレアポ、電話営業のプロ向けワンポイントアドバイス / テストクロージング

今回はテレアポに限定します。電話営業はある程度、電話で販売をするところにウェートが多く占められるのですが、テレアポはアポイントを取る、より販売に結びつくアポを取るのが目的です。

テレアポの場合、比較的、商品や市場などを知らなくても活用できるメリットがあります。

通常の場合、ほとんどが研修などでお客様よりは詳しくなるケースが多いです。

自社の商品はお客様より詳しいのは当然ですが、それ以上に業界や隣接なども詳しいです。

テレアポでは、お客様に何かしら興味を持っていただいて、アポイントを取る事が多いのです。
ところが、非常に特長や説明が長時間どうしても必要なものがあります。
またお客様がイメージしにくいものもあります。

こういうケースの場合、アポイントを取ることに終始してみるのも良いわけです。

会ってから勝負がよいケースはこれです!

・説明が電話で出来にくい

・会わなければ理解していただくことが難しい

・商品力が非常に強いのでお会いできれば何とかなる

・長期的なもの

・お客様のほうが詳しい

特に業界を深く掘り下げる場合、お客様のが詳しいケースがあります。

こういうときは電話営業でもテレアポでもそれぞれの強みが出てきますね。

さてテレアポのクロージングですが、通常は興味が出てから、もっと聞きたいと思う瞬間が理想です。

でも、上記のテレアポの目的の場合、すぐにクロージングを掛けて行くという方法があります。

もちろん、お客様がこちらの商品を知っていたほうがベストです。

そのための仕掛けは作ることも出来ます。極論すれば仕掛けがなくても構いません。

プロであれば、 先にクロージングをしながら、会話が出来ます。

・切り出し

  ↓

・クロージング
  ↓

・リサーチ

クロージングをすぐに掛けると決まりませんが、ここからプロはリサーチが可能です。

リサーチしながら、クロージングを再度仕掛けていきます。

クロージングとリサーチを交互に使って、関心を高めていく手法です。

通常のトークが取れなくなるような変調が出た時に試すのもよいですが、案外、会話力をつけるにはよいのです。

こういうテストクロージングをどう入れていくかをくわえるだけでも電話営業やテレアポは、トークの幅、リサーチ力が広がるのです。



テレアポ・電話営業の研修・セミナー・コンサルティングお問い合せ

■テレアポ電話営業の無料メルマガ(スキルアップにお役立てください)
お名前
E-Mail ※


バナースペース



テレアポ電話営業のスクリプト作成"
テレアポ電話営業の営業研修"
テレアポ電話営業の営業研修の資料請求"

テレアポ電話営業のFacebook"
テレアポ電話営業のTwitter"

電話営業研究会(テレアポ・電話営業の営業研修・株式会社笑顔ライフの・尾島)

〒343-0026
埼玉県越谷市北越谷2-10-1

TEL 048-970-3385
FAX 048-970-3386