本文へスキップ

電話営業研究会はテレアポ・電話営業の研修・セミナーで、尾島が講師をしています。

TEL. 048-970-3385

〒343-0026 埼玉県越谷市北越谷2-10-1

テレアポ・電話営業の戦略他ツールとの組合せ


中小企業のコンサルティング

テレアポ、電話営業の他ツールとの組合せ

他ツールとの組合せを考えてみましょう。

電話営業は、どうしても衝動的にお客様に訴求していきます。

今すぐ購入や契約がないお客様や数年先や季節指数に影響があるお客様には、難しい一面がありました。

見込みのお客様リストに記入していても、その時期が来た時に、必ず電話できるとは限りません。

また先にどこか違う企業が同様な商品やサービスをご案内してしまうかもしれません。

電話で見込みとなるお客様と長期に渡ってお話して、成約に結びつけるのは難しいです。

電話は優先度が高くて、重要度はわからない性質が強いので、電話だけですとそのうち購入予定、契約予定があるかもしれないお客様を維持するのは本当に個人によって違いがあります。

こまめにフォローしていても、タイミングで逃すことも随分経験があります。

こういう場合、他のツールと組み合わせをすると非常に効率化が図れます。

お客様のリストは、紙だけではなくほとんどの企業は、パソコンに連動しています。

電話もダイヤルを打つのではなく、自動的にかけていったり、ご不要のお客様のリストはその場で削除できたり、パソコンの力は非常に大きなものがあります。

電話営業でも、ほとんどの企業がパソコンを利用しているので、これと連動させます。

そのうち購入や契約予定者は、メールなどを聞いておけば、月に1回くらいフォローメールが打てます。

電話と違って、メールは優先度は低いのですが、いつでも時間のある時に見ることが出来るので有効です。

メルマガのように定期的なフォローをすると、お客様のほうから、その時期が来ると連絡が入ったりします。

購入頻度が高くなくても、その時が来たら検討するケースなどの商品やサービスに向いています。

葉書や手紙も混ぜていくとかなり効果が出てきます。

また現在電話中にインターネットを見る環境のお客様も多くいらっしゃいます。

簡単なアドレスに、資料などを用意しておくと、コストも抑えることが出来ます。

電話営業の途中で、会話をして、インターネットを見ていただけるお客様であれば、ほとんどメールアドレスは教えてくれると思われます。
定期的なフォローも可能です。

またそのお客様専用の画面を設定しておけば、効果があります。

法人や長期的に攻める場合、こういうネットとの組み合わせは有効ですね。

他には、小冊子、折込、チラシ、飛込み営業などと連動するのは、以前から多く使われていました。

今日の折込ご覧になられましたか?

こういう電話のトークは、やはり電話独特のコミュンケーションの取り方であります。

アンケート方式にすれば、お客様から見たチラシの良い点、悪い点などもリサーチできます。

見込みとなるお客様を探しながら、チラシなども修正できるわけです。

こういうことは、積極的に行なうことで、テストが出来ます。

競合他社の広告を見てイメージが出来ていれば、それを話題に出しながら、自社に振り替えていくことも電話営業の利点でもあります。



テレアポ・電話営業の研修・セミナー・コンサルティングお問い合せ

■テレアポ電話営業の無料メルマガ(スキルアップにお役立てください)
お名前
E-Mail ※


バナースペース



テレアポ電話営業のスクリプト作成"
テレアポ電話営業の営業研修"
テレアポ電話営業の営業研修の資料請求"

テレアポ電話営業のFacebook"
テレアポ電話営業のTwitter"

電話営業研究会(テレアポ・電話営業の営業研修・株式会社笑顔ライフの・尾島)

〒343-0026
埼玉県越谷市北越谷2-10-1

TEL 048-970-3385
FAX 048-970-3386